BLSプロバイダーコース

BLS(Basic Life Support)は一次救命処置と訳されるとおり、目の前で倒れた人を救うための必須の手技です。これだけで助かる人は多くはありませんが、これなくしては、助かる人も助かりません。

AHA北海道のBLSプロバイダーコースにおいては、AHAのトレーニングプログラムにのっとり、成人、小児、乳児の一次救命処置(自動除細動機[AED] の使用を含む)および、気道異物の際の処置について学ぶことができます。

学習内容

AHAが開発した「PWW:Practice while watching」の手法を用いて以下の内容を習得します。

  • 心肺停止状態の確認法【意識(反応)・呼吸停止・心停止の有無の確認】
  • 基本的な心肺蘇生術(胸骨圧迫と人工呼吸)
  • 自動体外式除細動器(AED:Automated External Defibrillator)の使用法
  • 窒息の応急手当

受講対象

  • 医師、歯科医師
  • 看護師
  • 救急救命士、救急隊員
  • 臨床工学士  
  • 臨床検査技師  
  • 放射線技師  
  • 理学療法士  
  • 薬剤師  
  • 医学生、看護学生
  •          など

受講料

新規、更新共に 16,500円(消費税込み)

テキスト・ポケットマスク

BLSプロバイダー受講者マニュアルAHAガイドライン2020準拠 日本語版
書籍定価:6,490円(税込、送料別)
電子書籍:5,170円程度(税込、注意点

ポケットマスク:2,445円(税込、当日販売)


受講申込の際、同時購入も可能です。
 ※ ポケットマスクは、コロナ感染の対策上、今回のコースでは使用しません。
  この機会に購入を希望される方には当日会場でご購入いただけます。
 ※ 必ず受講前にテキストを熟読してください。

別途ご購入の場合はこちらなど(外部)

プログラム

試験

筆記試験および実技試験があります。

修了カード

合格された方は当日お渡しします。

その他

  1. 受講者の感染対策:コース開催2週間以内に海外に行かれた方、37.5℃以上の発熱した方は受講できません。また受講当日、体調不良な方、発熱している方は受講できません。受付で体温、体調チェックを行います。
  2. コース内における感染対策:受講者と共にインストラクターの体温、体調チェック。受付での体温チェック、コース内でのマスク着用、手指消毒の徹底、手袋の着用、接触後のシミュレーターの消毒、1m以上のSocial Distanceの確保、会場の定期的換気、(ドアノブなど)接触部の消毒等を行います。
  3. BLSプロバイダーマニュアルを必ずお持ちください。コースの中で使用する他に、筆記試験での持ち込みが認められています。
  4. G2020版のECCハンドブックをお持ちであれば併せてご持参ください。
  5. コース内ではポケットマスクの使い方をビデオで学びますが、実地での使用しません。この機会に購入を希望される方には、受付で販売いたします。
  6. コース当日の服装等:
    • 床にマネキンをおいて実際に胸骨圧迫や人工呼吸を行います。
    • 体力を必要とする内容も含まれますので御了承下さい。
    • 服装は実習ができるような軽装で御参加ください。
    • 特に女性の方はスカートや胸元の広い衣服、ローライズのジーンズ等は極力御遠慮下さい。
AHA北海道のロゴ 白

AHA北海道

Kagoshima Training Site is aligned with FSH-ITC in Japan
AHA Hokkaido is aligned with FSH-ITC in Japan
住所

〒060-8556
札幌市中央区南1条西17丁目
札幌医科大学 医学部 麻酔科学講座内

電話

011-688-9663(直通)
 事務局長 数馬 聡
 事務局秘書 下坪 麻理奈
(極力「お問合わせ」よりメール送信してください。)

設立日
2005年4月1日
代表

今泉 均

お問合わせ